多汗症治療にはいくつかの方法があります

多汗症治療には、皮膚科で行っている薬物療法などいくつかの方法があります。

薬物療法では発汗を止める薬を服薬します。

その薬は大きな副作用はないものです。



また、緊張を和らげるため、抗うつ薬や安定剤を服薬することもあります。

外用薬20%の塩化アルミニウムを皮膚に塗ると、発汗が抑制されます。


多くの多汗症の人がこの塩化アルミニウムを皮膚に塗ったことで、多汗症が治っています。



ボツリヌス毒素注射を打つという方法も多汗症治療にはあります。

この注射を打った周囲の発汗が止まります。

ただし、敏感な手のひらや指先の場合、3ヶ月~4ヶ月くらいで再発します。


軽度の手のひら多汗症の場合、星状神経節ブロックを施すこともあります。


繰り返し施します。

頚部にある交感神経を局所麻酔薬でブロックするという方法です。



また、多汗症の治療器具も有効なものです。

手のひらや腋、足の裏に、電気を流して一時的に発汗を減らすというものです。

なお、日本にこの器具を取り扱っている業者はいませんから、希望する人は個人輸入しましょう。この他に外科や麻酔科での手術による多汗症治療を選択するということもできます。

ワキガの症状もあり、臭いを改善したいという場合、美容外科に行きましょう。

発汗の原因が精神的なものの場合については、精神科や心療内科など心を見てもらえる診療科に行きましょう。

これらの診療科ではカウンセリングや内服薬の投薬などが中心になるでしょう。